SAMYANG AF 35mm F1.4 FE

SAMYANGホームページ 製品ホームページ

国内代理店 ケンコー

今まで35mmはSONY SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZAを使用していました。短焦点使いの秋葉としては、55mmと85mmがF1.8のため F2.8 を使用していた場合レンズ交換時に設定変更するのが結構煩わしかったりします。絞り優先オートとかなら問題にならないのでしょうけど、フラッシュ使いのためマニュアル撮影が多いのです。SONYを使う前はNIKONでした。NIKONには 35mm F1.8 があでったのでF2.2 位で固定しておけばレンズ交換してもISO感度や絞りを変更すること無く撮影し続けられました。SONYにはF1.8は無くの純正ツアイスレンズのSONY SEL35F14Z Distagon T* FE 35mm F1.4 ZAがありますがお値段 20万円前後だし結構重量級なので手が出せませんでした。

SAMYANGは韓国のサードパーテーレンズメーカーで海外では結構OEMでいろいろなブランドで展開しているようです。日本では純正メーカーも沢山ありますし、サードパーティーもシグマ、タムロンがありますので海外勢が入り込む余裕は無かったかもしれないのですが、最近SAMYANGは力をつけてきて海外のレビューとかでかなり高評価らしいです。今まではほとんどかMFレンズでしたが最近ではAFも展開してきてます。そして何よりもお値段安めが良いです。

実は一時期Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalも悩んだのですが、じっくり作品作りならば良いのですが、コスプレの特にROM撮影の場合はある程度早さも要求されてしまうためMFでは大変なのでAFのこちらになりました。

実は今後シグマから35mm F1.4 が発表されるのはほぼ確実な状況ですが、今までのARTレンズの価格からするとおそらく8万円クラスになるので、ならば人柱になろうかと手を出してしまいました。あと昨年頃からケンコーさんが日本代理店になったのもおおきかったですね。なんかあってもそちらで修理交換できますから。

さて気になるのは画質等です。まだ一回しか撮影に出てませんが結構気に入ってます。AF精度・速度に特に不満はありません。サードパーティーの場合前ピン後ピンよくあるのですが大丈夫でした。SAMYANGは最近SIGMAなどでも出しているドックを出しているので、この点も安心して選択する一因になってました。ファームアップもこれでできます。

 ファームも早速UPされてます 

F1.4

F2.2 

F4.0

F5.6

F8.0

F1.4

F4.0

F8.0

幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバルにてテスト撮影 ブログの制約で画像サイズ1800間で縮小してあります。各写真はクリックで拡大します。

F1.4

F4.0

F8.0

 

 

 

 

 

 

中央付近の切り出し画像です。F1.4だと色収差がちょっと目立ちますね。ただLightroomで補正をかけると綺麗に消えてますので実用上は問題ないくらいかと。ポートレートしかとらない秋葉はほぼ関係ないかも。

まだLightroom でこのレンズのプロファイルが無いため手動でパープルフリンジ適応量3にしてあります。

F1.4 フリンジ軽減+

 

 

 

 

 

 

コスプレで使った場合のサンプル

 

すべてF1.8 手前からストロボ当ててます。逆光でもあまりコントラスト下がらず良い写りです。(ここからの写真はモデルさんにお渡しするようにトリミングされてます)

うめさん @ume_cos0521

すべてF2.2

@inakichiyui

 

すべてF1.8

@himari_012